第78回 武豊線の電化




http://jr-central.co.jp/news/release/nws000490.html

武豊線電化ですか。
数年前に乗ったときの電化要望の旗が記憶にあります。

しかし、
「車両の共通化を行うことにより、名古屋都市圏において、柔軟なダイヤの設定や弾力的な車両の増結などさらなる輸送サービスの向上や列車遅延時の対応能力の向上を図ることができる体制とします。」
「今回の電化により、環境負荷の軽減として年間約2,900トンのCO2排出を削減することができます。(従来比約57%減、一般家庭の年間排出量の約540世帯分に相当します)」
とあるように、
小浜線・加古川線のような地元からのお布施要望。
札沼線のような利用客増とは違い、
書いてあるように車両の共通化、効率化が大きな理由でついでに環境負荷軽減だと思う。
名古屋駅で快速みえと繋がっているものの、離れ小島の非電化路線。
路線も短く、朝夕の多くが名古屋直通ということを考えると、電化した方が効率はよさそうだ。
それに電化されてもおかしくはない本数の列車がある。



本題。
「313系28両の新規導入、現在武豊線で使用しているキハ75形は主に高山線に転用」
という記事があったため、車両の動きを考えてみた。



まず、この電化の前に、313系120両・キハ25形10両の新製が発表されているが、
313系は117系・119系の置き換え。
キハ25形は平成25年の伊勢神宮式年遷宮への輸送、武豊線への導入。
電化発表前は、平成25年以降に武豊線、快速みえの増発や紀勢本線のキハ40系列一部を置き換えを考えたが、
「武豊線への導入」とこの線区に絞って書かれている理由が良く分からない。
全て増発に使われるのか?
キハ25は武豊線に入れ、キハ75を少し押し出し何かするのか?




とにかくこの時点で、キハ75形40両+キハ25形10両で50両。

そして電化。
現在武豊線の朝ラッシュに使われている運用はおそらく7。
(昼間余裕があるのでは快速みえに回されているのだろうか?)
キハ75は2両編成で、この時間帯は4両編成なので、2両×2編成×7運用=28両
予備は「車両の共通化」により他線区と共通になるとすれば313系28両の導入は合う。
(岐阜方面から名古屋止まりの列車と一体にし、折り返し時間分を車両数減に向けるなんてのも考えたが違うな)

そして、美濃太田車両区のキハ40系は36両。
武豊線からとにかく押し出すのみとすれば26両程度。
そしてキハ40系を10両のみ残すとは考えづらいので、増備したキハ25の分も少しまわせば、美濃太田車両区、高山本線・太多線からキハ40系は撤退?

キハ25の増備はここに行き着くのか?
つまり、キハ25導入発表時には武豊線電化は決まっていたのか?

<追記2010.03.29>
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/19/035/index.html
つまりキハ25と武豊線の電化の関連はないと予想。



しかし、キハ11はトイレが無いため高山や猪谷まで向かうことは考えられないので、キハ75がそこまで向かうことになるが、寒さ・雪に強いのか?
キハ11にトイレ設置?
あと、キハ25やキハ75-200・300番代にワンマン設備がつけられるのだろう。
キハ75-200・300番代は400・500番代化?
キハ25は製造当初からの対応?



写真は、2009年4月14日猪谷駅
JR東海を完乗したとき。
本当はキハ75をと思ったが、探し出すのに時間がかかりそうなのでこれで。

以上、鉄道愛好家の妄想でした。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

2010.03.18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 撮影その他

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

プロフィール

11P

Author:11P

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる